ハワイでスマホ使うなら【イモトのWiFi】

スポンサードリンク

コナコーヒーってなんなのさ?


▲味わい深いコナコーヒー♥

ハワイの特産品であるコーヒー。その中でも、特に希少価値が高い珈琲が100年以上の歴史を誇る「コナコーヒー」です。

美味しいコーヒーを栽培するのに理想的な環境であるハワイのコナ地区でのみ収穫され、トップクラスの風味・香を誇るコナコーヒーは、ブルーマウンテンやキリマンジャロと並ぶ高級珈琲。

アメリカ大統領のホワイトハウスも御用達で、米国内の格式高い飲食店やホテルで出されるコーヒーの多くはコナコーヒーともいわれています。

ただ、コナ地区のみで収穫されるため、コナコーヒーの生産量は、全世界の生産量の1%以下。日本はもちろん、各国で品薄の状態ですが、原産地であるハワイでは比較的手に入りやすいのです。→コナコーヒーのご購入はこちらから

コナコーヒーが美味しいのはなんで?

ページ冒頭で、『美味しいコーヒーを栽培するのに理想的な環境』でコナコーヒーは作られているとお話しましたね。では、具体的にどんな環境なのかというと.

  • まず、コナの土壌が酸性火山土壌である事。
  • →植物の成長に必要な有機質を多くみ排水性の高い土壌であるため、旨味がギュッとつまったコーヒーの実がなりやすいのです。

  • 海から暖かい風が山から冷たい風が吹いている事。
  • →こちらも、良いコーヒーの身を育む条件として最適。厳しい環境下で育ったコーヒーの実は非常に濃厚な味をつけます。降水量も少なくないのも良いですね。

    コナコーヒーの「純度」に注意

    生産量が少ないけれど、世界に多くの愛好家がいるコナコーヒー。より多くの人が少しでもコナコーヒーを味わえるようにと、コナコーヒーと別珈琲のブレンドを販売するメーカーが少なくありません。

    ハワイの法律ではコナコーヒーを10%以上ブレンドしていれば、「コナブレンド」商品としての販売が許可されています。%の割合が高ければ高いほど美味しさと値段は上がりますが、手に入りにくくなってしまうのも事実。

    純度が高いコナコーヒーを確実に手に入れたいなら、ハワイでの購入かハワイと直結している所から通販するのがお勧め。(ちなみに、純度100%のものは「コナコーヒー」とよび、100%未満のものを「コナブレンド」と言います)

    また、各国に並ぶコナコーヒーは、コナ地区で収穫されてから、数週間~1年以上経過しているものがほとんど。いくら密閉されていても時間経過とともに風味は落ちてしまうので、現地のハワイで購入することをお勧めします。

    価格の目安はこれくらいです。

  • (純度100%)が1袋約200gで15$~
  • 20%のコナブレンドで1袋約10g5$~
  • 少し高いですが、大切な人へのお土産にコナコーヒーはいかがでしょうか?^^


    ▲フラダディコナコーヒー園のコーヒーの木
    (トリップアドバイザー提供)

    ▲アイランド ビンテージコーヒーでコナコーヒーが飲めます
    (トリップアドバイザー提供)

    →コナコーヒーのご購入はこちらから

    日本の普通のコーヒーショップってあまりコナ・コーヒーの粉や豆をみませんよね。売ってればいいのに。ハワイまで買いにいけるわけではないのでたまに通販を使います。少し高いかもしれませんが、通販は便利ですねぇ。

    Untitled

    コナコーヒーの最高品種 ピーベリーについて

    このページでご紹介した、コナコーヒー。そのコナコーヒーにもレベルがあり、最高品種が「ピーベリー」という豆なのだそうです。コーヒー好きな私としてはとても気になってしまい・・・少し調べて記事にしてみました。

    →コナコーヒーの最高品種 ピーベリーについて

    スポンサードリンク

    この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

    今月の人気記事ランキングTOP6

    ヒルトンハワイアンビレッジは、ハワイでは100年以上の歴史があるモアナ サーフライダーやアウトリガー リーフ オン ザ ビーチと並ぶAランクホテルとして評価されることの多いホテル。 ホテルは全部で7つのタワーで構成されて […]
    ハワイでワイキキからオプショナルツアーを使わず、ちょっと遠出をするときに、ザ・バスやレンタカーを使うのも良いけれど、自転車で気軽に寄り道をしながら楽しみたい、というかたも多いのではないでしょうか。 私もこの夏、5泊7日の […]
    買って損なし!ホールフーズ・マーケットのエコバッグ カイルアタウンのホールフーズ・マーケットに行った時に、話題になっているエコバッグを自分用とお土産用にいくつか購入しました。結論からいうと、カハラモールのエコバッグ、最高 […]
    人生初のDFS!果たして本当に安いのか? さて、ハウツリーラナイで幸せな朝ご飯タイムを終えた私たちは、散歩しながらワイキキビーチに戻りました。 途中、スタバでお茶してビーチで海を眺めてぼんやり。そして、充分に栄喜を養った […]
    ハワイ時間
    ハワイと日本の時差は19時間。日本よりもハワイが19時間過去になるイメージです。 現在のハワイの時間 このページを開くと、現在のハワイ時間が表示されるようになっています。このページをブックマークしていただき、連絡したいと […]
    機内食を食べる時に重宝する物のご紹介 大大大好きな機内食を心置きなく楽しむために、いつも手荷物の中にグッズを数点忍ばせております。機内食の時だけじゃんなく、畿内搭乗中をより良く過ごすためにもオススメのグッズです。よろしけ […]

    楽天でもチェック

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA