ザ・バスのワンデーパス

2017年10月1日、これまで使われてきたザ・バスのトランスファーチケットが、ワンデーパスに切り替わりました。

今までは、ザ・バスを途中で乗り換えても最初に払った料金だけで次のバスに乗るために、最初に乗ったバスで、運転手さんからトランスファーチケットをもらっていましたよね。

これが、ワンデーパスに切り替わり、一日乗り放題とわかりやすく、そしてさらにオトクなものになります。

トランスファーチケットに関しては、2017年10月1日を持って廃止されます。

ハワイでスマホ使うなら【イモトのWiFi】

スポンサードリンク

ワンデーパスの買い方

ワンデーパスは、トランスファーチケットと同様に運転手さんから購入できます。(厳密に言うとトランスファーチケットは頼めばもらえるものでしたが。)

バスに乗って料金を支払う前に、運転手さんにワンデーパスをが欲しい事を伝えると、料金と引き換えにワンデーパスをくれます。必ず料金を支払う前に運転手さんに「ワンデイパス プリーズ」などと伝えてください。

また、バス以外で買える場所は、現在のところカリヒにあるザ・バスのオフィス、Kalihi Transit Centerです。ここまで買いに行くような機会はなかなかなさそうですね。

Kalihi Transit Center

写真を見たら、一度ここで乗り換えた記憶が蘇りました。なぜだか思い出せませんが。

ワンデーパスの料金はいくら?

ワンデーパスの料金は、5ドル。2016年の6月まで販売されていた4日間乗り放題パスが35ドルでしたから、ワンデーパス4日分を購入しても20ドルと4割以上もお得になっています。

トランスファーチケットと比較しても、トランスファーチケットを使うときにかかる料金は2.5ドルですが、1回の乗り継ぎだけに使えるものでしたから、1日に2回以上乗り継ぎすることになれば、その時点でこれまでよりお得になります。たとえばワイキキからハレイワへザ・バスで行くようなときがこれに当たります。

なにしろ1日乗り放題なのですから、ルールがわかりやすいですよね。

ワンデーパスの有効期限は、厳密に言うと1日ではなくて、午前12:00から翌日の午前2:59までの27時間乗り放題だそうです。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

今月の人気記事ランキングTOP6

ヒルトンハワイアンビレッジは、ハワイでは100年以上の歴史があるモアナ サーフライダーやアウトリガー リーフ オン ザ ビーチと並ぶAランクホテルとして評価されることの多いホテル。 ホテルは全部で7つのタワーで構成されて […]
ハワイでワイキキからオプショナルツアーを使わず、ちょっと遠出をするときに、ザ・バスやレンタカーを使うのも良いけれど、自転車で気軽に寄り道をしながら楽しみたい、というかたも多いのではないでしょうか。 私もこの夏、5泊7日の […]
買って損なし!ホールフーズ・マーケットのエコバッグ カイルアタウンのホールフーズ・マーケットに行った時に、話題になっているエコバッグを自分用とお土産用にいくつか購入しました。結論からいうと、カハラモールのエコバッグ、最高 […]
人生初のDFS!果たして本当に安いのか? さて、ハウツリーラナイで幸せな朝ご飯タイムを終えた私たちは、散歩しながらワイキキビーチに戻りました。 途中、スタバでお茶してビーチで海を眺めてぼんやり。そして、充分に栄喜を養った […]
ハワイ時間
ハワイと日本の時差は19時間。日本よりもハワイが19時間過去になるイメージです。 現在のハワイの時間 このページを開くと、現在のハワイ時間が表示されるようになっています。このページをブックマークしていただき、連絡したいと […]
機内食を食べる時に重宝する物のご紹介 大大大好きな機内食を心置きなく楽しむために、いつも手荷物の中にグッズを数点忍ばせております。機内食の時だけじゃんなく、畿内搭乗中をより良く過ごすためにもオススメのグッズです。よろしけ […]

楽天でもチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA